ホクレンの水稲種子の取組み
ホクレン滝川水稲種子センター
水稲種子
水稲種子(消毒)
消毒方法:モミガードC
DF 7.5倍液
乾燥種子重量の3%吹付
優良種子で高品質・良食味米の生産拡大と安定供給に貢献します。
昭和43年以降、水稲採種ほ栽培専門集団の組織化と種子センター設置により、水稲種子を供給しています。
平成8年10月に水稲種子センターを滝川市に統合新設し、全道へ供給しています。
水稲採種ほ指定産地は、現在全道に6ヵ所(北斗市、当別町、栗沢町、江部乙町、秩父別町、中富良野町)あり、厳しい管理体制の下栽培されています。
指定採種ほで栽培され北海道のほ場審査に合格した種籾原料は、その品位を確認の後集荷され、精選調製、種子検査(生産物審査)をクリアしたものが、全道の一般栽培農家へ供給されています。
採種ほの管理体制 水稲種子調製作業